高校数学A

高校数学A
5分で解ける!組合せの活用3(特定の人を選ぶ)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!組合せの活用3(特定の人を選ぶ)に関する問題

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学A 場合の数と確率28 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

特定の1人Aが選ばれる組合せの総数 を求める問題だね。組合せnCrを活用して解いていこう。

POINT
高校数学A 場合の数と確率28 ポイント

Aをのぞいて考える!

高校数学A 場合の数と確率28 例題

lecturer_avatar

「10人から3人の委員を選ぶ」は、委員の中に委員長、副委員長などの区別はないから「選ぶだけ」だということがわかるね。組合せnCrで計算しよう。

lecturer_avatar

ただし、 10人のうちの特定の1人Aは必ず選ばれる ことになっている。こんなときは、 「Aをのぞいて考える」 のがポイント。Aは当選確定だから、 他の9人から、2人の委員を選ぶ組合せを求めればOK なんだ。つまり、9C2で計算しよう。

答え
高校数学A 場合の数と確率28 例題の答え
春キャンペーン2019
組合せの活用3(特定の人を選ぶ)
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

場合の数と確率の問題

高校数学Aの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

場合の数と確率

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      場合の数

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校数学A