高校数学A

高校数学A
5分で解ける!「集合」の要素の個数に関する問題

13
Movie size

5分で解ける!「集合」の要素の個数に関する問題

13
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学A 場合の数と確率1 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

「要素の個数」を答える問題だね。 「集合Aの中に要素が何個入っているか」 は、n(A)で表すことができたね!

POINT
高校数学A 場合の数と確率1 ポイント

集合Aや集合Bに含まれる個数は?

高校数学A 場合の数と確率1 例題

lecturer_avatar

集合の問題を正確に解くコツは 図をかく ことだよ。今回も、まずは集合Aと集合Bを図にしてみよう。

高校数学A 場合の数と確率1 例題の答えの図を2つ横に並べる
lecturer_avatar

A,Bの集合にそれぞれ何個ずつ入っているか、目で見てわかるようになったよね!

lecturer_avatar

Aの要素の個数は、箱の中に入っている数字の個数だから5個だね。
n(A)=5
と表すよ。

lecturer_avatar

Bの要素の個数は、箱の中に入っている数字の個数だから4個だね。
n(B)=4
と表すよ。

答え
高校数学A 場合の数と確率1 例題の答え
春キャンペーン2019
「集合」の要素の個数
13
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

場合の数と確率の問題

高校数学Aの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

場合の数と確率

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      場合の数

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校数学A