高校数学A

高校数学A
5分で解ける!「場合の数」の数え方2(積の法則)に関する問題

13

5分で解ける!「場合の数」の数え方2(積の法則)に関する問題

13
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学A 場合の数と確率9 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

さいころを2個投げるときのように、目のパターンが多くなってくると、樹形図を使って全て書き上げるのは時間と手間がかかりすぎるね。そこで、「積の法則」を使ってすっきり計算してしまおう。

POINT
高校数学A 場合の数と確率9 ポイント

6本の枝分かれができるから6×6

高校数学A 場合の数と確率9 例題

lecturer_avatar

まず、1つ目のサイコロの出る目のパターンは
1,2,3,4,5,6
の6通りあるよね。
この1~6までそれぞれの目に対して、2つの目のサイコロの出る目のパターンを考えよう。

lecturer_avatar

すると、2つ目のサイコロの出る目のパターンも
1,2,3,4,5,6
の6通りある。
つまり、「サイコロを2個ふるときの場合の数」は
6×6=36(通り)
になるんだね。

答え
高校数学A 場合の数と確率9 例題の答え
lecturer_avatar

6×6の計算は、上図のように樹形図を式にしたカタチになっているのがわかるかな? 1~6までのそれぞれについて、6本の枝分かれができるから、6×6なんだね!

オンライン個別指導塾
「場合の数」の数え方2(積の法則)
13
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

場合の数と確率の問題

高校数学Aの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

場合の数と確率

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      場合の数

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校数学A