高校数学A

高校数学A
5分で解ける!順列の計算2(nの階乗=n!)に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!順列の計算2(nの階乗=n!)に関する問題

2
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学A 場合の数と確率15 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

今回の問題は、「生徒 全員 を1列に並べる」場合の数を求めるんだね。「異なる n個 のものを すべて1列に並べる ときの場合の数」は、「 nの階乗 」といい、「n!=n×(n-1)×(n-2)×……×3×2×1」で計算できたね!

POINT
高校数学A 場合の数と確率15 ポイント

異なる6人をすべて1列に並べる

高校数学A 場合の数と確率15 例題

lecturer_avatar

異なる6人をすべて1列に並べる場合の数と考えよう。
したがって、
6P6=6!=6×5×4×3×2×1
ただ機械的に6×5×4×3×2×1というかけ算をするのではなく、頭の中に樹形図を描こう。「最初が6通りだな、次が5通りだな、そして次が4通りだな・・・」と、自分がどういう意味の計算をしているのかイメージできるようにしておくといいよ。

答え
高校数学A 場合の数と確率15 例題の答え
春キャンペーン2019
順列の計算2(nの階乗=n!)
2
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

場合の数と確率の問題

高校数学Aの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

場合の数と確率

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      場合の数

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校数学A