高校数学A

高校数学A
5分でわかる!「集合」の要素の個数

58
Movie size

5分でわかる!「集合」の要素の個数

58

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

「集合」の要素の個数

高校数学A 場合の数と確率1 ポイント

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

数学Aの第1章では「場合の数と確率」について学習していくよ。
第1回のテーマは「集合の要素の個数」。

そもそも「集合」とは何か?

lecturer_avatar

集合 とは、 集まり のことを表す用語だね。
例えば、ネコ、ゾウ、カメ、トリという動物の集まりを考えてみよう。
この4種の集まりを集合Aと名付けるとき、数学では、
集合A={ネコ、ゾウ、カメ、トリ}
と表せるんだ!
この式は 「Aという集まりには、ネコ、ゾウ、カメ、トリが含まれますよ」 ということを意味しているんだね。

「要素」とは?

lecturer_avatar

集合A={ネコ、ゾウ、カメ、トリ}
の例で続けて考えよう。集合の中に含まれる1つ1つのことを 「要素」 というよ。
例えば、
ネコは集合Aの要素である
ゾウは集合Aの要素である
のように表現できるんだね。

lecturer_avatar

ここまでは「数学Ⅰで学習したよ」という人も多いんじゃないかな?

「要素の個数」の表し方を覚えよう

lecturer_avatar

数学Aで新しく学習するのは、集合における「要素の個数」の表し方なんだ。つまり、 「集合Aの中に要素が何個入っているか」 、ということだね。ポイントを確認しよう。

POINT
高校数学A 場合の数と確率1 ポイント
lecturer_avatar

集合Aに含まれる 「要素の個数」は、n(A)と表すことができる んだね。
例えば、
集合A={ネコ、ゾウ、カメ、トリ}
の要素の個数は4つだね。
したがって、
n(A)=4
と式にすることができるよ。

POINT
高校数学A 場合の数と確率1 ポイント
lecturer_avatar

要素の個数の表し方がわかったかな? 例題・練習を通して、さっそくこのポイントを使っていこう。

Imagawa

この授業の先生

今川 和哉 先生

どんなに数学がニガテな生徒でも「これだけ身につければ解ける」という超重要ポイントを、 中学生が覚えやすいフレーズとビジュアルで整理。難解に思える高校数学も、優しく丁寧な語り口で指導。

「集合」の要素の個数
58
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      場合の数と確率

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          場合の数

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校数学A