高校数学A
高校数学A
5分でわかる!「A∪B」の要素の個数

13
Movie size

5分でわかる!「A∪B」の要素の個数

13

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

「A∪B」の要素の個数

高校数学A 場合の数と確率2 ポイント

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

今回は 「『A∪B』の要素の個数」 について学習しよう。

「A∩B」「A∪B」はどんな集合?

lecturer_avatar

「A∩B」「A∪B」がどんな集合を表すか、数学Ⅰで学習した内容をしっかり覚えているかな?
例えば、
A={2,4,6,8}
B={3,6,9}
という2つの集合で考えてみよう。

lecturer_avatar

集合Aにも、集合Bにも「6」という要素が入っている のが分かるよね。集合Aにも集合Bにも含まれる、 重なっている部分 のことを、集合Aと集合Bの 「共通部分」 というよ。数学では 「A∩B」(AかつB) と表すんだ。

lecturer_avatar

一方、 集合Aと集合Bのどちらかに含まれる部分 のことを、集合Aと集合Bの 「和集合」 というよ。数学では 「A∪B」(AまたはB) と表すんだ。上の例では、「2,3,4,6,8,9」が、AとBの和集合にあたるね。

「∩」と「∪」の見分け方

lecturer_avatar

「∩」と「∪」の区別がつかなくなりそうな時は、次のようにイメージしてみよう。
和集合∪は、共通部分よりも要素の個数がたくさんになるよね。だから、和集合は「たくさんあってバンザーイ」の形、というイメージで、「∪」。

lecturer_avatar

逆に共通部分は「少なくってがっかりだなー」と肩を落としているイメージで「∩」だよ。

n(A∪B)=n(A)+n(B)-n(A∩B)

lecturer_avatar

さて、用語を確認したところで、いよいよここからが今日のポイント。「集合(A∪B)の要素の個数の求め方」を学習していこう。

lecturer_avatar

(A∪B)は、集合Aと集合Bの要素を合わせた集合のことだよね。ということは、その要素の個数n(A∪B)は、n(A)+n(B)で求められる・・・と考えちゃうんだけれど、注意があるんだ。次のポイントを確認してみよう!

POINT
高校数学A 場合の数と確率2 ポイント
lecturer_avatar

集合(A∪B)の要素の個数n(A∩B)は、
n(A∪B)=n(A)+n(B)-n(A∩B) のように、
n(A)+n(B)のあとで、 n(A∩B) を引く必要があるんだね。

lecturer_avatar

最初に示した、
A={2,4,6,8}
B={3,6,9}
の例で考えよう。集合Aと集合Bには、ともに「6」が含まれているよね。 Aの個数とBの個数をそのままたしてしまうと、この共通部分を、余分に1回数えてしまうことになる んだ。したがって、余分に数えてしまうのを後から引くために、n(A∩B)を引いているんだね。

POINT
高校数学A 場合の数と確率2 ポイント
lecturer_avatar

「A∪B」の要素の個数の表し方がわかったかな? 例題・練習を通して、このポイントをしっかり身につけていこう。

Imagawa
この授業の先生

今川 和哉 先生

どんなに数学がニガテな生徒でも「これだけ身につければ解ける」という超重要ポイントを、 中学生が覚えやすいフレーズとビジュアルで整理。難解に思える高校数学も、優しく丁寧な語り口で指導。

「A∪B」の要素の個数
13
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      場合の数と確率

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          場合の数

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校数学A