高校数学A

高校数学A
5分で解ける!「場合の数」の数え方3(和の法則)に関する問題

8

5分で解ける!「場合の数」の数え方3(和の法則)に関する問題

8
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学A 場合の数と確率10 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

サイコロ2個を投げるときの場合の数の問題だね。 「AまたはBの場合の数」 は、 A,Bが同時に起こらない とき、 和の法則 を使って計算ができるよ。

POINT
高校数学A 場合の数と確率10 ポイント

出る目の和は必ず1通りに決まる

高校数学A 場合の数と確率10 例題

lecturer_avatar

サイコロを2個投げたとき、出た目の和は常に1通りに決まるよね。たとえば、1と2なら和は3だし、4と6なら和は10だね。だから、 出た目の和が6になることと、7になることは「同時には起こらない事象」 。つまり、これらは「和の法則」を使ってたし合わせることができるんだ。

lecturer_avatar

まず、 出た目の和が6になるパターン を数え上げると、次のようになるね。

高校数学A 場合の数と確率10 例題 答え1~3行目まで
lecturer_avatar

次に、 出た目の和が7になるパターン を数え上げると、次のようになるね。

高校数学A 場合の数と確率10 例題 答え4~6行目まで
lecturer_avatar

あとは、 和の法則 を使おう。
場合の数を足し算して、
5+6=11
答えは11通りだね。

答え
高校数学A 場合の数と確率10 例題の答え
オンラインLIVE夏期講習
「場合の数」の数え方3(和の法則)
8
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

場合の数と確率の問題

高校数学Aの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

場合の数と確率

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      場合の数

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校数学A