高校数学A

高校数学A
5分で解ける!「A(※補集合)」の要素の個数に関する問題

12

5分で解ける!「A(※補集合)」の要素の個数に関する問題

12
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学A 場合の数と確率3 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

Aの補集合の要素の個数を求める問題だね。Aの補集合の個数は、 「全体からAをくり抜く」 イメージで考えよう。

POINT
高校数学A 場合の数と確率3 ポイント
lecturer_avatar

「全体の個数から、Aの個数を引けば、Aでない部分の個数が求められる」 というわけだよ。

補集合の要素の個数は、「全体からくり抜く」!

高校数学A 場合の数と確率3 例題

lecturer_avatar

集合の問題を正確に解くコツは 図をかく ことだよ。今回も、まずは集合Uと集合Aを図にしてみよう。

高校数学A 場合の数と確率3 例題の答えの図
lecturer_avatar

U,Aの集合が目で見てわかるようになったよね!

lecturer_avatar

全体集合Uの要素のうち、2と5がAに含まれていないよね。つまり、この2と5が、Aの補集合だ。
Aの補集合={2,5}
n(Aの補集合)=2
だね。

lecturer_avatar

今回は図を見るだけで答えが出たけれど、計算でも求められるようにしておこう。
n(Aの補集合)
n(U)-n(A)
=6-4
=2
だよ。

答え
高校数学A 場合の数と確率3 例題の答え
オンライン個別指導塾
「A(※補集合)」の要素の個数
12
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

場合の数と確率の問題

高校数学Aの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

場合の数と確率

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      場合の数

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校数学A