高校数学A

高校数学A
5分で解ける!最短の道順の求め方に関する問題

17

5分で解ける!最短の道順の求め方に関する問題

17
学年別フルラインナップキャンペーン学年別フルラインナップキャンペーン

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学A 場合の数と確率33 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

先ほどのポイントで紹介した問題だね。「最短の道順」を求める問題は、 同じものを含む順列 の知識を活用しよう。

POINT
高校数学A 場合の数と確率33 ポイント

「↑」3個、「→」4個を並べる順列

高校数学A 場合の数と確率33 例題

lecturer_avatar

最短で進む とは、 「上(↑)」に3回、「右(→)」に4回進む ということだね。「下(↓)」に進んだり、「左(←)」に進んだりすると回り道になってしまうから、最短の道順にはならないよね。

lecturer_avatar

求める場合の数は、 上(↑)3回、右(→)4回の合計7回分の決め方 になるよ。したがって、 「↑」3個と、「→」4個を並べる順列として計算 しよう。

lecturer_avatar

まず、異なる矢印7個を並べる順列は 7! だね。
ただし、今回は「↑」3個と、「→」4個が同じものだから、
3!×4! で割り算しよう!

答え
高校数学A 場合の数と確率33 例題の答え
学年別フルラインナップキャンペーン
最短の道順の求め方
17
友達にシェアしよう!
学年別フルラインナップキャンペーン

場合の数と確率の問題

高校数学Aの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

場合の数と確率

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      場合の数

      学年別フルラインナップキャンペーン学年別フルラインナップキャンペーン

      高校数学A