高校数学A

高校数学A
5分で解ける!最短の道順の求め方に関する問題

7

5分で解ける!最短の道順の求め方に関する問題

7
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校数学A 場合の数と確率33 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業

経由地がある場合の数え方は?

lecturer_avatar

「最短の道順」を求める問題だね。この問題のように経由地がある場合でも、 同じものを含む順列 の知識を活用して解くことができるよ。

POINT
高校数学A 場合の数と確率33 ポイント

「AからC」×「CからB」で計算しよう

高校数学A 場合の数と確率33 練習

lecturer_avatar

点Aを出発して、 点Cを経由 してから点Bへと到達する最短の道順が何通りあるかを考えていこう。

lecturer_avatar

経由地がある場合 は、 「点Aから点Cまでの最短の道順」「点Cから点Bまでの最短の道順」 で分けて考えることが重要なんだ。

lecturer_avatar

「AからC」までは↑2個、→2個だから
  4!/2!2!
「CからB」までは↑1個、→2個だから
  3!/2!

lecturer_avatar

この2つは 一連の流れの中で起きる ことだね。場合の数の積の法則が使えるよ。 4!/2!2!3!/2!かけ算 すれば、総数を求めることができるよ。

答え
高校数学A 場合の数と確率33 練習の答え
オンライン個別指導塾
最短の道順の求め方
7
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

場合の数と確率の問題

高校数学Aの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

場合の数と確率

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      場合の数

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校数学A