高校数学A
高校数学A
5分で解ける!組合せの活用1(点を結ぶ)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!組合せの活用1(点を結ぶ)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

例題
一緒に解いてみよう

高校数学A 場合の数と確率26 例題

解説
これでわかる!

例題の解説授業

lecturer_avatar

点を結んでできる三角形の総数 を求める問題だね。組合せnCrを上手に活用して解いてみよう。

POINT
高校数学A 場合の数と確率26 ポイント

異なる6点から3点を選ぶ組合せ

高校数学A 場合の数と確率26 例題

lecturer_avatar

異なる6点から3点を選べば、三角形を作ることができる よね。「異なるn個からr個を選ぶ組合せ」は、nCrで計算できるから、この問題は6C3で求められるよ。

答え
高校数学A 場合の数と確率26 例題の答え

【補足】どうして「順列」じゃないの?

lecturer_avatar

「6点から3点を選ぶ」から「組合せ」で解けるよ、とサラっと言ったけれど、もしかしたら「どうして順列じゃないのかな?」って疑問に思う人もいるかもしれないね。

lecturer_avatar

こんなときは具体的に考えてみよう。例えば「A、B、C、D、E、F」の6点から、3点(A、B、C)を選ぶと、三角形ができるよね。もしもこれが順列だったら、(A、C、B)や(B、A、C)、(C、B、A)といった選び方も数えてしまうことになる。でもこれは、全部同じ△ABCを表しているから、異なるものとして数え上げちゃダメだよね。順列を使って計算すると、同じものを重複して数えてしまうからダメなんだよ。

組合せの活用1(点を結ぶ)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      場合の数と確率の問題
      高校数学Aの問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      場合の数と確率

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          場合の数

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校数学A