高校数学A

高校数学A
5分で解ける!順列の活用1(区別する決め方)に関する問題

5
Movie size

5分で解ける!順列の活用1(区別する決め方)に関する問題

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校数学A 場合の数と確率16 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

委員長、副委員長を決める 」という問題だね。 2人を区別して決める と考えれば、順列の計算が使えるね!

POINT
高校数学A 場合の数と確率16 ポイント

40人から2人を選んで並べる

高校数学A 場合の数と確率16 練習

lecturer_avatar

「40人の中から 委員長、副委員長の2人を決める 」ということは、「40人から2人を選んで 1番目、2番目 と並べる」ことと同じだね。つまり 順列 の場合の数なんだ。

lecturer_avatar

したがって、
40P2=40×39=1560(通り)
と求めることができるよね。

lecturer_avatar

実際に樹形図もイメージしてみよう。 委員長 の決め方を考えると、40人の中から1人を決めるんだから、 40通り だよね。次は 副委員長 。39人残っている中から1人を決めるんだから、 39通り だね。

答え
高校数学A 場合の数と確率16 練習の答え
順列の活用1(区別する決め方)
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      場合の数と確率の問題

      高校数学Aの問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      場合の数と確率

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          場合の数

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校数学A