高校数学A

高校数学A
5分で解ける!「場合の数」の数え方4(たし算・かけ算の見分け方)に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!「場合の数」の数え方4(たし算・かけ算の見分け方)に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校数学A 場合の数と確率11 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

2個のサイコロを投げる場合の数の問題だね。頭の中に樹形図を浮かべて、積の法則か和の法則か混乱しないように解いていこう。

POINT
高校数学A 場合の数と確率11 ポイント

(偶)+(偶)または(奇)+(奇)

高校数学A 場合の数と確率11 練習

lecturer_avatar

「目の和が偶数になる」って、どんなときだろうか。

lecturer_avatar

例えば、大のサイコロの目が2のときはどうなるだろう。小のサイコロの目が2,4,6だったら、目の和が偶数になるよね。つまり、 (偶数)+(偶数)ならば(偶数) ということがいえるよね。

lecturer_avatar

大のサイコロの目が1のときはどうなるだろう。今度は小のサイコロの目が1,3,5だったら、目の和が偶数になるよね。つまり、 (奇数)+(奇数)ならば(偶数) ということがいえるよね。

lecturer_avatar

これをまとめると、次のようなイメージになるね。

高校数学A 場合の数と確率11 練習 図のみ(「よって、」の上側部分全部)
lecturer_avatar

(偶数)➡(偶数) と続けて出るのは、
積の法則を使って、
3×3=9(通り)となるね。
同様に (奇数)➡(奇数) と続けて出るのは、
積の法則を使って、
3×3=9(通り)。

lecturer_avatar

この「偶数+偶数」の9通り、そして「奇数+奇数」の9通りは、それぞれ 「枝分かれした最後の状態」 だ。 これをたし合わせる から、9+9=18(通り)が答えだね。

答え
高校数学A 場合の数と確率11 練習の答え
「場合の数」の数え方4(たし算・かけ算の見分け方)
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      場合の数と確率の問題

      高校数学Aの問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      場合の数と確率

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          場合の数

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校数学A