高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!鎌倉時代7 鎌倉時代の政治4に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!鎌倉時代7 鎌倉時代の政治4に関する問題

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中世16 練習 問題

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

では、練習問題で内容を確認しましょう。

時頼が引付衆を設置した

lecturer_avatar

5代執権の 北条時頼 は、裁判事務を行い 評定衆 を補佐する 引付衆 を設置しました。
また時頼は、 皇族将軍 の擁立も行っています。
評定衆を設置し、摂家将軍を擁立したのが3代執権の北条泰時であったことと比較して覚えましょう。

モンゴル軍が2回にわたって攻めてきた

lecturer_avatar

北条時宗 の時に、 フビライ が建国した元が、日本に服属要求を行いました。
北条時宗がこの要求を拒否したことで、モンゴル軍が攻めてくることになります。
1274年の 文永の役 と、1281年に 弘安の役 です。結果的に、どちらも暴風雨などで元軍が撤退することとなりました。
1回目の 文永の役 の翌年、 異国警護番役 が強化されたり、石築地(石塁)が築かれたりしました。
2回目の 弘安の役 後には、北条定時が 鎮西探題 を設置し、幕府が九州の支配権をさらに強化しました。

霜月騒動を経て、得宗専制体制が確立

lecturer_avatar

この時代、北条氏の嫡流である 得宗 が力をつけます。
それと共に、得宗と主従関係にあった 御内人 (特にそのトップの 内管領 )も力をつけていきます。
その中で、 内管領 の平頼綱と、有力御家人の安達泰盛の間で 霜月騒動 が起こり、平頼綱が勝利したことで、 得宗 専制体制が確立されました。

練習の答え
中世16 練習 答え入り
lecturer_avatar

得宗御内人 など、少し複雑な仕組みについては、中身をしっかり理解して、得点に結び付けられるようにしていきましょう。

春キャンペーン2019
鎌倉時代7 鎌倉時代の政治4
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

中世

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校日本史B