高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!鎌倉時代10 鎌倉時代の社会経済1に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!鎌倉時代10 鎌倉時代の社会経済1に関する問題

2
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中世19 練習 問題

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回の、武士の生活や地頭の荘園侵略について、練習問題で確認しましょう。

惣領を中心とした武士一門

lecturer_avatar

鎌倉時代の武士は血縁によって結ばれており、一門の長である 惣領 を中心に形成されていました。
土地は 分割相続 が一般的でしたが、土地の細分化を防ぐために、鎌倉時代の末期には 単独相続 に変わっていきました。

館に住み、騎射三物で武芸の訓練

lecturer_avatar

武士の屋敷を といいます。
武士はそこで、騎射三物と呼ばれる 笠懸流鏑馬犬追物 で武芸を磨きました。

地頭に対して、荘園領主が地頭請・下地中分で妥協

lecturer_avatar

地頭が荘園領主に逆らったことで起きた紛争を解決するため、 地頭請下地中分 といった解決策が取られました。
地頭が荘園支配権を得る代わりに年貢徴収を守るのが 地頭請 、地頭と荘園領主が土地を折半するのが 下地中分 です。

練習の答え
中世19 練習 問題
lecturer_avatar

今回の内容のうち、特に地頭請や下地中分については、中身までしっかりと理解しておくようにしましょう。

春キャンペーン2019
鎌倉時代10 鎌倉時代の社会経済1
2
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

中世

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校日本史B