高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!鎌倉時代11 鎌倉時代の社会経済2に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!鎌倉時代11 鎌倉時代の社会経済2に関する問題

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中世20 練習 問題

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

最後に練習問題で、鎌倉時代ごろの農業や経済の発達について確認していきましょう。

農業が発達し、多くの収穫が得られるようになった

lecturer_avatar

鎌倉時代ごろ、米が比較的短期間で収穫できる畿内や西日本を中心に、同じ土地で麦などを作る 二毛作 が行われるようになりました。

lecturer_avatar

鎌倉時代には、多くの収穫を得るための肥料も発達します。
刈った植物を焼いてつくる 草木灰 や植物を土にすき込む 刈敷 が用いられていました。

宋銭の流通によって、各地に市場や様々な業者が現れた

lecturer_avatar

宋銭 が流通して取引に使われたことで、各地に定期市が開かれるようになりました。
なかでも、月に三回開かれるものを 三斎市 といいます。
貨幣を用いた経済が浸透したことで、高利貸し業者の 借上 や、年貢の輸送や保管などの運送業を行う 問丸 が現れました。

練習の答え
中世20 練習 問題
lecturer_avatar

社会経済の分野は、文化史と少し似ていて、覚えることが多くあります。
しかし、一度覚えてしまえばそれだけで点数になる分野なので、がんばって書いて覚えてみましょう。

春キャンペーン2019
鎌倉時代11 鎌倉時代の社会経済2
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

中世

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校日本史B