高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!室町時代11 室町時代の社会経済2に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!室町時代11 室町時代の社会経済2に関する問題

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中世35 練習 問題

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

最後は、練習問題で確認していきましょう。

明銭の普及

lecturer_avatar

明銭の中でも多く輸入されたのは 永楽通宝 で、日本の市場で多く流通しました。
流通の加速によって貨幣不足が起きると私鋳銭が増加し、その交換基準などを定めた 撰銭令 が出されました。

様々な業者と、専売同業者組合の座

lecturer_avatar

室町時代の高利貸しには、 酒屋土倉 、寺院がありました。
陸上輸送では、特に京都周辺で 馬借 や車借が活躍しました。

lecturer_avatar

室町時代の専売同業者組合は と呼ばれ、本所の保護を受けて利益を独占しました。

自治都市の誕生 堺の会合衆、博多の年行司

lecturer_avatar

大名の支配を受けない自治都市が発生し、 では36人の 会合衆 によって政治が行われました。
ちなみに、 博多 では12人の 年行司 によって自治が行われていました。

練習の答え
中世35 練習 答え
lecturer_avatar

ここまで、室町時代の社会経済を見てきました。
とにかく、 「鎌倉時代との比較」が大切 です。
忘れてしまっているところがあったら、鎌倉時代の社会経済のところも合わせて見直しておきましょう。

春キャンペーン2019
室町時代11 室町時代の社会経済2
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

中世

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校日本史B