高校日本史B
高校日本史B
5分で解ける!戦国時代・都市1に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!戦国時代・都市1に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

中世37 練習 問題

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

練習問題で今回の内容を確認しましょう。

戦国時代の様々な都市

lecturer_avatar

年行司によって運営された九州の都市は 博多 です。
ちなみに、同じ自由都市でも、会合衆によって運営されたのは和泉国の でしたね。

lecturer_avatar

小田原や府中は 城下町 として発展した都市です。
どのように発達したのか、地図上ではどこにあったのかを合わせて覚えましょう。

lecturer_avatar

長野 は善光寺、 坂本 は延暦寺を中心に、 門前町 として発展しました。
門前町と寺内町は混同しがちですから、区別をつけて覚えるようにしてください。

戦国大名の定めた諸政策

lecturer_avatar

戦国大名は、 貫高制 を採用して国人や地侍の年貢収入を把握していました。
この貫高制では、米ではなく銭の単位で土地を管理したことが大きな変化です。
この収入に応じて軍役を課すなどが行われました。
また、領国支配のために 分国法 を制定した大名もいました。

練習の答え
中世37 練習 答え
lecturer_avatar

地方で都市や戦国大名が発達したのは、幕府が弱かったためです。
次回は、具体的にどのような戦国大名がいたのかを見ていきましょう。

戦国時代・都市1
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      中世

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B