高校日本史B

高校日本史B
5分でわかる!商工業の発達

1
Movie size

5分でわかる!商工業の発達

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の要点まとめ

ポイント

商工業の発達

中世35 単語2 商工業の発達中世35 ポイント2 貨幣の流通

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

商工業では、鎌倉時代と比べて多くの業種が現れてきます。
これまでに聞いたことがある名前もあるので、鎌倉時代と比較しながら見ていきましょう。

鎌倉時代とどう違う? さまざまな業者

中世35 ポイント2 ・酒屋・土倉・寺院のあたりの2段分

lecturer_avatar

まずは高利貸しから。鎌倉時代は借上(かしあげ)と言いました。
室町時代には、 酒屋 (さかや)や 土倉 (どそう)、寺院などが行うようになります。
定期市は、鎌倉時代からあった三斉市から更に増えて、室町時代の後半には月に六回の 六斎市 が現れるようになりました。

lecturer_avatar

輸送業者は、鎌倉時代には問丸(といまる)というものがありました。
室町時代になると陸上輸送と海上輸送に分かれます
陸では 馬借 (ばしゃく)・ 車借 (しゃしゃく)、海では 廻船 (かいせん)が全国へ商品を運んでいました。

lecturer_avatar

流通が整うには、卸売(委託された商品を別の場所で売って儲けること)を行う 問屋 (といや)も忘れてはいけない存在です。
ちなみに、この問屋は、鎌倉時代の運送業者である問丸が発展して生まれたものです。

職人や行商として働く人も現れた

中世35 ポイント2 職人と行商人の部分のみ

lecturer_avatar

モノづくりの技術で生計を立てる職人も現れます
鉄を加工して武器などを作る鍛冶、
同じく鉄で釜や鍋などを作る鋳物師、
大工である番匠、などが活躍しました。

lecturer_avatar

地方からやってきて商品を売る行商人も出てきます
商品を肩に担いだ棒に下げて売る振売(ふりうり)や、
京都の大原や桂に住み、物を売り歩く大原女(おはらめ)・桂女(かつらめ)、
他にも、連雀(れんじゃく)と呼ばれるリュックサックのようなものを背負って行商を行う連雀商人(れんじゃくしょうにん)、などがいました。

同業者の組合、「座」が生まれた

中世35 ポイント2 ・座の発達、以降

lecturer_avatar

市場が発達すると同業他社との価格競争が起こるのが自然です。
そこで発達したのが 専売同業者組合 である (ざ)です。
同業者が手を組んで、価格の決定や販売の独占を行う ことで、今までよりも高く、効率よく売ることができました。

lecturer_avatar

座がこのような独占を行えたのは、力のある寺院などに上納金を納めることで、その寺院などを後ろ盾にしていたからです。
これらの寺院は、荘園領主、いわゆる「 本所 」(ほんじょ)です。
その本所の保護を受けることで、座が利益を独占することに成功しました。

lecturer_avatar

例えば、大山崎の油売りの同業者集団である「大山崎油座」は、本所である岩清水八幡宮に許可を得て、油の販売独占に成功したのです。

Kurokawa

この授業の先生

黒川 広貴 先生

「どこがテストに出るの?」「どうやって覚えたらいいの?」「どうしたら点数がとれるの?」という疑問に答え、着実に点数を伸ばすための授業を展開。

春キャンペーン2019
商工業の発達
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

中世

春キャンペーン2019
春キャンペーン2019

高校日本史B