高校日本史B

高校日本史B
5分でわかる!武士(御家人)の生活

13

5分でわかる!武士(御家人)の生活

13
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

武士の生活

中世19 単語2 武士(御家人)の生活中世19 ポイント2 武士(御家人)の生活

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ここでは、特に地元のリーダークラスの武士がどういう生活をしていたか、見ていきましょう。

館に住み、武芸に励む武士たち

中世19 ポイント2 左棒なし、図だけ全て取り、文だけまとめたもの

lecturer_avatar

武士は所領の中心地に (やかた)と呼ばれる家を建て、暮らしていました。
堀や塀で囲まれた 武家造 (ぶけづくり)の の様子が、絵として残っているので確認しておきましょう。

武士の館(「一遍上人絵伝」より)
中世19 ポイント2 武士の館の絵
lecturer_avatar

武士はこの館などで、騎射三物(きしゃみつもの)という、武芸を鍛えるための訓練を行っていました。
馬に乗って、続けざまに矢を放つ 流鏑馬 (やぶさめ)、遠くの笠を狙う 笠懸 (かさがけ)、動物を追って射る 犬追物 (いぬおうもの)です。

流鏑馬・笠懸
中世19 ポイント2 流鏑馬・笠懸の絵
lecturer_avatar

武士がこのような生活をしている中で、武士の守るべき道徳として兵の道(つわもののみち)が少しずつ整えられていきました。

この授業の先生

黒川 広貴 先生

「どこがテストに出るの?」「どうやって覚えたらいいの?」「どうしたら点数がとれるの?」という疑問に答え、着実に点数を伸ばすための授業を展開。

オンラインLIVE夏期講習
武士(御家人)の生活
13
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

中世

オンラインLIVE夏期講習
オンラインLIVE夏期講習

高校日本史B