高校日本史B
高校日本史B
5分で解ける!鎌倉時代8 鎌倉時代の政治5に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!鎌倉時代8 鎌倉時代の政治5に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

中世17 練習 問題

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

今回学んだ、永仁の徳政令から鎌倉幕府滅亡までを、練習問題で確認していきましょう。

御家人を救済するための永仁の徳政令

lecturer_avatar

北条貞時は、 元寇で窮乏した御家人を救済する ため、 永仁の徳政令 を出して、売却・質入れされた土地を御家人に返還させました。

京都の朝廷で、持明院統と大覚寺統が対立した

lecturer_avatar

最後の得宗、14代執権 北条高時 の頃になると、後深草天皇から始まる 持明院統 と、亀山天皇から始まる 大覚寺統 が対立します。
幕府が仲介に入ることで、大覚寺統と持明院統が交互に皇位につく 両統迭立 が決まり、大覚寺統の 後醍醐天皇 が即位しました。

幕府に不満を持つ者が立ち上がり、鎌倉幕府が滅亡

lecturer_avatar

後醍醐天皇の倒幕の動きに乗って、 楠木正成河内で挙兵足利尊氏六波羅探題を攻め落とす など、全国で不満を持つ者たちが立ちあがりました。
新田義貞が鎌倉を攻め落とした ことで、1333年、鎌倉幕府は滅亡を迎えます。

練習の答え
中世17 練習 答え入り
lecturer_avatar

今回は、鎌倉幕府の最後の話であると同時に、この後に政治を行う後醍醐天皇が出てきたり、南北朝の対立の始まりとなる大覚寺統・持明院統が生まれたりと、次の時代に繋がる内容が多く出てきました。
次の時代で分からないことが出てきたら、今回の内容に戻って確認するようにしていきましょう。

鎌倉時代8 鎌倉時代の政治5
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      中世

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B