高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!鎌倉時代12 鎌倉時代の社会経済3(第2問)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!鎌倉時代12 鎌倉時代の社会経済3(第2問)に関する問題

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
鎌倉時代10・11(鎌倉時代の社会経済)の確認テスト【一問一答問題】

中世21 問題2 問題

解説

これでわかる!
問題の解説授業

問題2(1)

中世21 問題2(1) 問題

lecturer_avatar

鎌倉時代の武士は、 流鏑馬笠懸犬追物 などの武芸で馬上の弓技を鍛えていました。
これらをまとめて騎射三物と言います。
流鏑馬や笠懸は、今でも行事として残っています。

問題2(1)の答え
中世21 問題2(1) 答え

問題2(2)

中世21 問題2(2) 問題

lecturer_avatar

鎌倉時代には宋銭が流通したことで、定期市が開かれるようになりました。
なかでも月に三回行われる市を 三斎市 と呼ばれます。
定期市の一つである備前国福岡市の様子は、『 一遍上人絵伝 』という絵巻物に描かれています。

問題2(2)の答え
中世21 問題2(2) 答え

問題2(3)

中世21 問題2(3) 問題

lecturer_avatar

鎌倉時代の商業者として、高利貸しの 借上 や、年貢の輸送や保管を行う 問丸 がありました。
室町時代以降、高利貸しや運送業者の名前として別のものが出てきます。
そのときに混乱しないためにも、鎌倉時代の高利貸し・運送業者として、しっかりと覚えておきましょう。

問題2(3)の答え
中世21 問題2(3) 答え
春キャンペーン2019
鎌倉時代12 鎌倉時代の社会経済3(第2問)
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

中世

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校日本史B