高校数学Ⅰ
高校数学Ⅰ
5分で解ける!たすきがけのコツ1(符号)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!たすきがけのコツ1(符号)に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

例題
一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ 数と式18 例題

解説
これでわかる!

例題の解説授業

lecturer_avatar

先頭がx2じゃなくて2x2になっている因数分解だね。
「たすきがけ」を使って解いていこう。
プラス、マイナスの符号は後回しにして考えるのがコツだったね。

POINT
高校数学Ⅰ 数と式18 ポイント

2x2+5x-3=(2x  )(x  )をイメージ

lecturer_avatar

まずは2x2に注目して、
2x2+5x-3=(2x  )(x  )
をイメージするんだったね。

「かけて3」となるペアを探す

lecturer_avatar

次に、最後の項に注目しよう。
2x2+5x -3 =(2x  )(x  )
だから、カッコの中にはいる2つの数は「かけて-3」となるペアになるんだ。

lecturer_avatar

ここで今日のポイント!
符号は後回し にして考える。
「かけて3」➔1×3
が候補になるね。

たすきがけで「たして5」となるペアを探す

lecturer_avatar

2x2+5x-3=(2x  )(x  )
のカッコに入るペアは1と3に絞られたね。

lecturer_avatar

今度は「たして5」となるヒントを使おう。
「たして5」にするためには、1と3のどちらにマイナスをつけるか。
たすきがけで計算すると次のようになるよ。

たすきがけの計算
高校数学Ⅰ 数と式18 例題 解答のたすきがけの部分
lecturer_avatar

(2x-1)(x+3)だったら、xの係数が「たして5」になるよね。

答え
高校数学Ⅰ 数と式18 例題
Imagawa
この授業の先生

今川 和哉 先生

どんなに数学がニガテな生徒でも「これだけ身につければ解ける」という超重要ポイントを、 中学生が覚えやすいフレーズとビジュアルで整理。難解に思える高校数学も、優しく丁寧な語り口で指導。

たすきがけのコツ1(符号)
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校数学Ⅰの問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      数と式

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          式の計算

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校数学Ⅰ