高校数学Ⅰ
高校数学Ⅰ
5分で解ける!指数の計算1に関する問題

3
Movie size

5分で解ける!指数の計算1に関する問題

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ 数と式6 練習

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

指数の計算は、2つの計算パターンの違いをしっかりとおさえよう。

POINT
高校数学Ⅰ 数と式6 ポイント

文字のかけ算は「右肩のたし算」

高校数学Ⅰ 数と式6 練習(1)

lecturer_avatar

文字aにマイナスがついているね。
符号は今まで通りに考えて、 マイナス×プラスはマイナス だよね。

lecturer_avatar

文字aについては かけ算になっているから「右肩の数のたし算」 だね。
a=a1 だから、右肩に注目して、1+9=10。

(1)の答え
高校数学Ⅰ 数と式6 練習(1)の答え

高校数学Ⅰ 数と式6 練習(2)

lecturer_avatar

マイナス×マイナスの符号はプラスになるね。
文字aについては かけ算になっているから「右肩の数のたし算」 だね。右肩に注目して、2+7=9。

(2)の答え
高校数学Ⅰ 数と式6 練習(2)の答え

マイナスが「カッコの中か外か」で答えが違う

高校数学Ⅰ 数と式6 練習(3)(4)

lecturer_avatar

(3)と(4)はとても似た形をしているね。テストで狙われやすいポイントだから、丁寧にみていくよ。
まずは-(a32について。
カッコの外にマイナス があるね。
この式は、先にカッコの計算、つまり (a3)を2乗 して、マイナスをつけるという意味だよ。
文字の累乗なら「右肩の数のかけ算」 になるから
右肩に注目して3×2=6。

(3)の答え
高校数学Ⅰ 数と式6 練習(3)の答え

高校数学Ⅰ 数と式6 練習(3)(4)

lecturer_avatar

今度は、(-a32について。
(4)は カッコの中にマイナス があるね。
つまり「 マイナスも一緒に2乗 してね」といっているんだ。
(-a3)×(-a3)になる。だから、 符号はプラス だね。

lecturer_avatar

aの指数を考えると、
文字の累乗は「右肩の数のかけ算」 になるから
右肩に注目して、3×2=6。

(4)の答え
高校数学Ⅰ 数と式6 練習(4)の答え
指数の計算1
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校数学Ⅰの問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      数と式

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          式の計算

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校数学Ⅰ