高校数学B

高校数学B
5分で解ける!ベクトルの減法に関する問題

13

5分で解ける!ベクトルの減法に関する問題

13
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校数学B ベクトル4 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

ベクトルの加法・減法を図示する問題ですね。ベクトルの減法では、矢印がどちらからスタートするかに注意しましょう。

POINT
高校数B ベクトル4 ポイント

平行移動して始点をそろえよう

高校数学B ベクトル4 練習

lecturer_avatar

まず、ベクトルの加法は 始点を揃えることが重要 でした。ベクトルbを 平行移動 してベクトルcと始点を揃えます。

lecturer_avatar

(ベクトルb)+(ベクトルc)
ベクトルの加法は、 平行四辺形の対角線を作る ことで図示できますね。2つのベクトルの重なっている始点から矢印をスタートさせましょう。これがベクトルb+ベクトルcの答えになります。

lecturer_avatar

(ベクトルb)-(ベクトルc)
これは ベクトルcの終点からベクトルbの終点に向かうベクトル を表しています。 マイナスがついたベクトルの終点始点 になるのでしたね。

答え
高校数学B ベクトル4 練習 答え
難関大合格パーソナルプログラム
ベクトルの減法
13
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

高校数学Bの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

ベクトル

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      平面ベクトル

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校数学B

      高校数学B