高校数学B

高校数学B
5分で解ける!逆ベクトルと零ベクトルに関する問題

7

5分で解ける!逆ベクトルと零ベクトルに関する問題

7
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校数学B ベクトル3 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業

ベクトルの和は、始点と終点を接続

lecturer_avatar

2つのベクトルの始点と終点が揃っている場合、接続する ことができましたね。

lecturer_avatar

まず最初の2つ「(ベクトルAB)+(ベクトルBC)」を考えましょう。 同じ記号のB でつながるので、 足し算をするとベクトルAC になります。

lecturer_avatar

次に「(ベクトルAC)+(ベクトルCD)」は 同じ記号のC でつながるので、 足し算をするとベクトルAD になります。

lecturer_avatar

最後に「(ベクトルAD)+(ベクトルDA)」をすると、 同じ記号のC でつながり ベクトルAA になります。これは始点と終点が同じなので 零ベクトル ですね。なお、このベクトルを図示してあげると 始点から一周して終点にくる ことがわかります。

答え
高校数学B ベクトル3 練習 答え
オンライン個別指導塾
逆ベクトルと零ベクトル
7
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

高校数学Bの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

ベクトル

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      平面ベクトル

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校数学B

      高校数学B