高校数学B

高校数学B
5分で解ける!ベクトルの加法に関する問題

3
Movie size

5分で解ける!ベクトルの加法に関する問題

3
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学B ベクトル2 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

ベクトルの加法(和)を図示する問題ですね。ベクトルの加法は、 「ベクトルの始点をそろえる」 、そして 「平行四辺形の対角線の矢印を引く」 のがポイントでした。

POINT
高校数B ベクトル2 ポイント
lecturer_avatar

ただし、ベクトルの加法で図示するベクトルは、 2つのベクトルの始点から出発 することに注意しましょう。

平行四辺形の対角線を引こう

高校数学B ベクトル2 例題(1)

lecturer_avatar

両ベクトルとも、 始点がA でそろっていますね。次に 平行四辺形の対角線 を作りましょう。対角線は2本作れますね。このとき、ベクトルの加法は、 2つのベクトルの始点から出発 することがポイントです。 対角線BCは始点Aから出発しないため答えではありません。 正解は、 始点Aから出発する対角線のベクトル とわかります。

(1)の答え
高校数学B ベクトル2 例題(1)の答え

始点をそろえてから対角線

高校数学B ベクトル2 例題(2)

lecturer_avatar

この問題では、2つのベクトルの始点がそろっていませんね。 ベクトルCDを平行移動 して、点Cを点Aの位置に持っていきます。ここが一番大事なポイントです。

lecturer_avatar

あとは、平行四辺形を作り、 始点Aから出発する対角線のベクトル を答えとしましょう。

(2)の答え
高校数学B ベクトル2 例題(2)答え
春キャンペーン2019
ベクトルの加法
3
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

高校数学Bの問題