高校数学B

高校数学B
5分で解ける!べクトルとは?に関する問題

19

5分で解ける!べクトルとは?に関する問題

19
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校数学B ベクトル1 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

慣れていないと、少し手が止まってしまう問題ですね。ベクトルとは、 「向き」と「大きさ」を同時に表す ものだということを意識しながら解いていきましょう。

POINT
高校数B ベクトル1 ポイント

「ベクトルAB=ベクトルCD」からわかる2つのこと

高校数学B ベクトル1 練習

lecturer_avatar

ベクトルAB=ベクトルCD の意味に注目しましょう。 ベクトルの大きさと向きが等しいこと を表していました。つまり、ベクトルABとベクトルCDは 長さが等しく かつ 平行な直線 だと言えますね。 AB//DC,AB=DC となるのです。

lecturer_avatar

AD,BCを結び、四角形ABCDで考えましょう。 対辺の長さが平行かつ長さが等しい ので、四角形ABCDは 平行四辺形 ですね。 平行四辺形は、向かい合う辺の長さが等しい ので、ベクトルAD=ベクトルBCの証明は終了ですね。

答え
高校数学B ベクトル1 練習 答え
難関大合格パーソナルプログラム
べクトルとは?
19
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

高校数学Bの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

ベクトル

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      平面ベクトル

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校数学B

      高校数学B