高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!江戸時代の社会経済1に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!江戸時代の社会経済1に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

近世25 練習 空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回学んできた江戸の身分制度、農民の組織や負担について、練習問題で確認していきましょう。

江戸時代の身分制度、農民の組織と負担

lecturer_avatar

江戸時代の身分制度は 士・農・工・商 に分かれていました。さらにその下にえた・ひにんがいました。

lecturer_avatar

村は、村長である 名主 (地域によっては庄屋、肝煎(きもいり)とも)と組頭、百姓代から構成される村方三役がリーダーでした。
そして彼らの元で、自作農である 本百姓 によって村が運営されていました。

lecturer_avatar

百姓の負担の中心は、 本途物成 と呼ばれる年貢でした。他の税としては、小物成、高物掛などがあります。
街道周辺の村では、公用交通として人や馬を差し出す 助郷役 が課されました。

練習の答え
近世25 練習 空欄
lecturer_avatar

この時代はほとんどの人々が農民として暮らしており、 農民のなかにも様々な身分があった ことを見てきました。
いろいろな言葉が出てきますが、 まずは太字の言葉をしっかりと押さえ、余裕のある人は細かい語句についても覚えていく など、メリハリを意識して勉強していきましょう。

江戸時代の社会経済1
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      近世

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B