高校日本史B
高校日本史B
5分でわかる!全国への進出

2
Movie size

5分でわかる!全国への進出

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

秀吉の統一事業

近世7 単語1 全国への進出近世7 ポイント1 全国への進出

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

織田信長本能寺の変 で討たれた後、天下統一を果たしたのは誰だったでしょうか。
そう、皆さんも知ってる 豊臣秀吉 (とよとみひでよし)です。
今回は、豊臣秀吉が日本全国を手中に収めるまでの流れについて、扱っていきます。

山崎の戦いで信長の敵を取り、賤ヶ岳の戦いで影響力を強める

近世7 ポイント1 山崎+賤ヶ岳の戦い

lecturer_avatar

信長が自刃した本能寺の変が起こった時、 秀吉は中国の毛利氏と戦っていました
戦いの最中に信長の訃報を受けた秀吉は、毛利に信長の死を悟られないよう素早く講和を結び、急いで京都に戻ります。

lecturer_avatar

信長の家臣の中で誰よりも早く戻った秀吉は、本能寺の変を起こした明智光秀と戦います。
これが、1582年に起きた 山崎の戦い です。
山崎の戦いで光秀を破ったことで、 秀吉は信長の跡を継ぐ人物としてアピールすることに成功しました

lecturer_avatar

しかし、信長に仕えていた、秀吉より格上の部下はこれを面白く思いませんでした。
その中でも筆頭格である 柴田勝家 (しばたかついえ)と、秀吉は1583年に 賤ヶ岳の戦い (しずがたけのたたかい)で争い、これに勝利します。
賤ヶ岳の戦いの勝利は、秀吉の影響力を更に強めました。

大坂城を建築し始め、徳川家康と戦う

近世7 ポイント1 大坂城+小牧長久手の戦い

lecturer_avatar

賤ヶ岳の戦いと同年の1583年、秀吉は石山本願寺の跡地に 大坂城 を築城し始めました。
石山本願寺は一向宗が11年にも渡って信長と争った場所で、非常に攻めづらい土地です。
今の地名である「大阪」(こざとへんの阪)ではなく「大坂」(つちへんの坂)である点に注意しましょう。

lecturer_avatar

秀吉に反発したのは織田家の家臣だけではありません。
信長と同盟を結んでいた 徳川家康 が、信長の次男である信雄を立てて秀吉と戦います。
これが、小牧・長久手の戦い(こまき・ながくてのたたかい)です。

lecturer_avatar

この戦いは秀吉と家康の講和に終わりました。
この戦いのあと、秀吉が織田信長の跡継ぎとして落ち着くようになっていきます。

Kurokawa
この授業の先生

黒川 広貴 先生

「どこがテストに出るの?」「どうやって覚えたらいいの?」「どうしたら点数がとれるの?」という疑問に答え、着実に点数を伸ばすための授業を展開。

全国への進出
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      近世

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B