高校日本史B

高校日本史B
5分でわかる!朝廷権威の利用と西の平定

0
Movie size

5分でわかる!朝廷権威の利用と西の平定

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

朝廷権威の利用と西の平定

近世7 単語2 朝廷権威の利用と西の平定近世7 ポイント2 朝廷権威の利用と西の平定

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

信長の後を継いだ秀吉ですが、全国を見ればまだ秀吉に従わない大名は多くいました。
西には 四国 の長宗我部氏、 九州 の島津氏。
東には 小田原 の北条氏、 東北 の伊達氏などです。

lecturer_avatar

ここから秀吉は、さらに権力を強め、未だ従っていない地域を制圧していくことになります。

関白に就任し、戦争禁止令である惣無事令を出す

近世7 ポイント2 関白就任の行のみ

lecturer_avatar

秀吉は1585年に 関白 に就任しました。
関白の地位に就いた秀吉は、自身の許可のない戦争を禁止する 惣無事令 (そうぶじれい)を発布します。

lecturer_avatar

この惣無事令は、戦国時代の分国法などに書かれた「喧嘩両成敗」の系譜を継いだもの、としても試験に出されます。
秀吉の配下は秀吉の許可なく戦争してはいけない、ということです。
(実際に権力があるかはともかく、)日本のトップである天皇の代理である「関白」、そしてこの後「太政大臣」の地位を得る秀吉にとって、日本全国の大名は皆「配下」ともいえます。
そのため、この 惣無事令を戦いの大義名分として、「戦争禁止令違反」という形で、従わない大名を平定していく ことになるのです。

西の大名を平定し、太政大臣にも就任

近世7 ポイント2 四国平定の行以降

lecturer_avatar

そして秀吉は、この後実際に、自身に従わない大名を順に攻め、次々と平定していきます。
まずは西のほうから、1585年には 四国の長宗我部元親 (ちょうそかべもとちか)を、1587年には 九州の島津義久 (しまづよしひさ)を破っています。
これによって、 四国と九州が秀吉の支配下となりました

lecturer_avatar

四国平定と九州平定の間にあたる1586年には、朝廷から 太政大臣 の地位と豊臣の姓を賜り、朝廷の権威によってますます力を伸ばしていきます。
ちなみに、秀吉はこの時まで、「羽柴秀吉」という名でした。
このときに豊臣の姓を得たことで、後々「豊臣秀吉」とも呼ばれるようになりました。

Kurokawa

この授業の先生

黒川 広貴 先生

「どこがテストに出るの?」「どうやって覚えたらいいの?」「どうしたら点数がとれるの?」という疑問に答え、着実に点数を伸ばすための授業を展開。

朝廷権威の利用と西の平定
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      近世

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B