高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!織豊政権9 豊臣秀吉6(第1問)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!織豊政権9 豊臣秀吉6(第1問)に関する問題

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
織豊政権7・8(豊臣秀吉4・5)の確認テスト【穴埋め問題】

近世12 問題1 問題

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

今回は、豊臣秀吉が行った政策についての確認テストです。

問題1(1)

近世12 問題1(1) 問題

lecturer_avatar

豊臣秀吉が行った「天正の石直し」(てんしょうのこくなおし)とも呼ばれる土地政策は 太閤検地 (たいこうけんち)です。
従来の指出検地(さしだしけんち)は、大名が家臣たちに自己申告で収穫量を報告させるものでした。
一方、太閤検地では、 全国に役人を派遣して、直接土地の面積を測る方式をとりました

問題1(1)の答え
近世12 問題1(1) 解答

問題1(2)

近世12 問題1(2) 問題

lecturer_avatar

土地の面積と石盛(土地から取れる標準の収穫高)から石高を決める という 石高制 (こくだかせい)が採用されました。
従来の貫高制は米を金に換えた額で計測していましたが、石高制では米の量(体積・容積)が基準になっています。

lecturer_avatar

さらに、 検地帳に耕作民を登録した ことで 一地一作人の原則 が定まりました。
この一地一作人の原則により、結果的に荘園制は崩壊しました

問題1(2)の答え
近世12問題1(2) 解答

問題1(3)

近世12 問題1(3)問題

lecturer_avatar

豊臣秀吉は 蔵入地 (くらいりち)という200万石の直轄地を所有していました。
室町幕府の直轄地は御料所(ごりょうしょ)や関東御料(かんとうごりょう)、このあとの江戸幕府の直轄地は天領(てんりょう)や幕領(ばくりょう)などと呼ばれていたことと比較して覚えましょう。

lecturer_avatar

また、 佐渡 の相川金山のような重要鉱山を直轄化し、多くの収入を得ていました。
金銀が入ってくることで、さまざまな政治を行えたのです。

問題1(3)の答え
近世12問題1(3) 解答
春キャンペーン2019
織豊政権9 豊臣秀吉6(第1問)
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

近世

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校日本史B