高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!三大改革3(第1問)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!三大改革3(第1問)に関する問題

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
三大改革1・2(享保の改革~田沼時代)の確認テスト【穴埋め問題】

近世39 問題1 カッコ空欄

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

今回は「三大改革」の最初、享保の改革から、その後の田沼時代について、確認テストをやっていきます。
まずは問題1、穴埋め問題を通して理解を深めていきましょう。

問題1(1)

近世39 問題1(1) カッコ空欄

lecturer_avatar

8代将軍 徳川吉宗 (とくがわよしむね)は在職の間、 享保の改革 (きょうほうのかいかく)と呼ばれる幕政改革に取り組みました。
そのうち、大名の米を強制的に上納させる 上米の制 (あげまいのせい)という制度は、 一万石につき100石の米を納める ことを規定しました。
その代わりに、大名の 参勤交代 の負担を緩めて、大名に過剰な負担がいかないようにするものでした。

問題1(1)の答え
近世39 問題1(1) 答え入り

問題1(2)

近世39 問題1(2) カッコ空欄

lecturer_avatar

10代将軍 徳川家治 (とくがわいえはる)の時代には、側用人から老中になった 田沼意次 (たぬまおきつぐ)が実権を握ります。
民間の経済活動を活発にする目的で、商人・職人の専売同業者組合である 株仲間 (かぶなかま)を積極的に公認しました。

lecturer_avatar

ちなみに、株仲間の公認自体は享保の改革の時に行われ、それを積極的に奨励したのが田沼意次ということになります。

問題1(2)の答え
近世39 問題1(2) 答え入り

問題1(3)

近世39 問題1(3) カッコ空欄

lecturer_avatar

1783年に仙台藩の 工藤平助 (くどうへいすけ)が『赤蝦夷風説考』(あかえぞふうせつこう)を献上しました。
これをきっかけとして、幕府は 最上徳内 (もがみとくない)らを蝦夷地に派遣し、蝦夷地の開発やロシア人との交易の可能性を調査させました。

問題1(3)の答え
近世39 問題1(3) 答え入り
春キャンペーン2019
三大改革3(第1問)
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

近世

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校日本史B