高校日本史B
高校日本史B
5分でわかる!農民の負担と村の組織

0
Movie size

5分でわかる!農民の負担と村の組織

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

農民の負担と村の組織

近世25 単語3 農民の負担と村の組織近世25 ポイント3 農民の負担と村の組織

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

3つめのポイント、農民の負担と村の組織についてです。

さまざまな税と労働の義務

近世25 ポイント3 「・農民の負担(税)」の部分

lecturer_avatar

江戸時代の農民にも様々な負担がありました。
まず税金については、 村請 (むらうけ)といって、村でまとめて納入しました。
中世に百姓請(ひゃくしょううけ)と呼ばれていたものと同種のやり方です。

lecturer_avatar

原則として米で納める本年貢を「 本途物成 」(ほんとものなり)、その他の米以外の雑税を「 小物成 」(こものなり)と言い、この2つが税金の中心です。
他に、村全体の石高にかかる付加税を「高掛物」(たかがかりもの)と言い、村全体で負担しなければいけませんでした。

lecturer_avatar

また労働の義務(夫役)として、川の治水事業など国ごとで召集される国役や、街道周辺の村々が人馬を提供する 助郷役 (すけごうやく)などがありました。

村のルール

近世25 ポイント3 「・村の中の組織」の部分

lecturer_avatar

村の中の組織としては、 本百姓5人で年貢納入について連帯責任を負う五人組 」(ごにんぐみ)がありました。
5人のうち誰かが逃げてしまったら、他の4人で5人分の税を納めなければならない、ということです。

lecturer_avatar

注意してほしいのは、あくまで「本百姓が5人」ということです。
本百姓の下に居る水呑百姓や名子・被官は、検地帳にも登録されないため、含まれません。
そのため、「五人組」といっても、 5人の本百姓の下に居る水呑百姓や名子・被官を入れるともっと多くの人数で構成されていた 、と押さえておきましょう。

lecturer_avatar

他にも村には、 田植えや屋根葺きなどの共同労働を行う 「もやい」(または結(ゆい))がありました。
また、 村のルールを破った場合の罰則 として、火事や急病のときを除いて他の村人全員から交際断絶される「村八分」(むらはちぶ)がありました。

Kurokawa
この授業の先生

黒川 広貴 先生

「どこがテストに出るの?」「どうやって覚えたらいいの?」「どうしたら点数がとれるの?」という疑問に答え、着実に点数を伸ばすための授業を展開。

農民の負担と村の組織
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      近世

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B