高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!江戸初期の政治11 家光の時代と初期外交に関する問題

5

5分で解ける!江戸初期の政治11 家光の時代と初期外交に関する問題

5
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

近世23 練習 空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回学んできた鎖国後の四つの口と貿易相手国について、練習問題で確認していきましょう。

長崎ではオランダ・中国と交流

lecturer_avatar

長崎の出島ではオランダとの交流が行われ、オランダ商館長(カピタン)は オランダ風説書 を幕府に提出しました。
これは幕府にとって海外事情を知るための貴重な情報源となりました。

lecturer_avatar

中国では明が滅亡し、1616年に が建国されました。
中国人が多数来航するようになると、密貿易が増加したため、長崎に中国人の居住区域である 唐人屋敷 が設置されました。

「慶賀使」と「謝恩使」の違いに注意!

lecturer_avatar

琉球からは、日本の将軍の代替わりごとに、 慶賀使 が、また琉球の国王の代替わりごとに 謝恩使 が来日しました。
朝鮮からは (朝鮮)通信使 が来日します。
蝦夷では日本人のアイヌ人に対する差別意識などから、1669年にアイヌのリーダー、 シャクシャイン の反乱が起こりました。

練習の答え
近世23 練習 空欄
lecturer_avatar

以上、鎖国後の外交についてまとめました。
学校で論述問題が出される人は、4つの口について書かされることも多いと思います。
どこで、どの国と、どのような交流が行われたのか、実際に紙に書いて練習してみるとよいでしょう。

オンライン個別指導塾
江戸初期の政治11 家光の時代と初期外交
5
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

近世

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校日本史B