高校化学

高校化学
5分で解ける!アルコール発酵と計算に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!アルコール発酵と計算に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 化学 6章 2節 10 3 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

lecturer_avatar

今回は、アルコール発酵に関する計算問題です。

1つのグルコースから2つのエタノール

高校 化学 6章 2節 10 3 答えなし

lecturer_avatar

まずは、問題の意味を理解しましょう。
ある量のグルコースをアルコール発酵させたところ、9.2gのエタノールが得られました。
このときのグルコースの質量を求めましょう。

lecturer_avatar

まずは、エタノールの物質量を求めましょう。
エタノールC2H5OHの分子量は、12×2+1×5+16+1=46です。
よって、エタノール9.2gの物質量は、9.2÷46=0.2molとなります。

lecturer_avatar

次に、化学反応式に注目します。
グルコースとエタノールの係数に注目すると、1:2になっています。
つまり、1つのグルコースから2つのエタノールが得られます。
今回の場合、エタノールの物質量が0.2molなので、グルコースの物質量は、0.2÷2=0.1molとなります。

lecturer_avatar

最後に、グルコースの質量を求めましょう。
C6H12O6の分子量は、12×6+1×12+16×6=180となります。
よって、グルコース0.1molの質量は、180×0.1=18gとなります。

高校 化学 6章 2節 10 3 答えあり
アルコール発酵と計算
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      高分子化合物

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          天然高分子化合物

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学