高校化学

高校化学
5分で解ける!高分子化合物(テスト5、第1問)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!高分子化合物(テスト5、第1問)に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
演習

高校 化学 6章 2節 32 1 答えなし

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

今回は、確認テストです。
実際に問題を解きながら、これまでの内容を復習していきましょう。

タンパク質の変性は不可逆的

高校 化学 6章 2節 32 1 (1)のみ、答えなし

lecturer_avatar

まずは、タンパク質の性質について確かめましょう。
タンパク質といえば、熱や酸、アルコールなどの作用で凝固する 【変性】 ですよね。
変性はタンパク質の構造が変わってしまうので、もとに戻すのが困難だということも一緒に思い出せましたか。

ベンゼン環を含むアミノ酸の検出は、キサントプロテイン反応

lecturer_avatar

ベンゼン環をもつタンパク質の呈色反応に関する内容です。
この場合、水溶液に濃硝酸を加えて加熱すると、橙黄色に呈色します。
この反応を、 【キサントプロテイン反応】 といいましたね。

トリペプチド以上のペプチドの検出は、ビウレット反応

lecturer_avatar

最後は、もう一つの呈色反応についてです。
これは、タンパク質が存在するかどうかを調べるための反応ですね。
水酸化ナトリウムと硫酸銅(Ⅱ)水溶液を加えると、赤紫色に呈色します。
これを 【ビウレット反応】 というのでしたよね。

lecturer_avatar

ただし、ビウレット反応を示すタンパク質には、ある条件がありました。
その条件は、トリペプチド以上のペプチドであることでしたよね。

高校 化学 6章 2節 32 1 (1)のみ、答えあり

ペプチドの構造異性体は書き出してみる

高校 化学 6章 2節 32 1 (2)のみ、答えなし

lecturer_avatar

(2)です。
こちらは、トリペプチドの構造異性体に関する問題です。
ペプチド結合には向きがあるため、アミノ酸が並ぶ順番が重要なのでしたね。
たとえば、3種類のアミノ酸を並べる場合、3!=6つの構造異性体ができました。

lecturer_avatar

ただし、今回の問題では、グリシンGlyが2つでアラニンAlyが一つですね。
つまり、同じアミノ酸が含まれていますね。
こんな場合は、計算で求めようとせず、実際に書きだしてみましょう。

lecturer_avatar

 Gly-Gly-Ala
 Gly-Ala-Gly
 Ala-Gly-Gly
よって、答えは、3つです。

高校 化学 6章 2節 32 1 (2)のみ、答えあり
高分子化合物(テスト5、第1問)
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      高分子化合物

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          天然高分子化合物

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学