高校化学

高校化学
5分で解ける!高分子化合物(テスト2、第2問)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!高分子化合物(テスト2、第2問)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
演習2

高校 化学 6章 2節 11 2 答えなし

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

演習2です。

lecturer_avatar

グルコースに関する記述として、誤っているものを選ぶ問題です。
順番に見ていきましょう。

高校 化学 6章 2節 11 2 答えなし

鎖状構造のグルコースは還元性をもつ

lecturer_avatar

ア グルコースは銀鏡反応を示す
グルコースは、水溶液中で、鎖状構造をとります。
このとき、グルコースの環状構造が切れて、アルデヒド基ができるのでしたね。
アルデヒド基は還元性を示すことで有名です。
その還元性を確認するための方法として、銀鏡反応フェーリング液の反応がありましたね。
よって、アは正しい内容です。

水溶液中のグルコースは、3種類の物質が化学平衡の状態

lecturer_avatar

イ α-グルコースと鎖状構造のグルコースでは、1分子中に含まれるヒドロキシ基の数は等しい
α-グルコースと鎖状構造のグルコースの構造式を見てみましょう。

高校 化学 6章 2節 8 2 α-グルコースとグルコース(鎖状構造)の構造式を横にに並べる

lecturer_avatar

ヒドロキシ基の個数は同じですよね。
よって、イも正しい内容です。

lecturer_avatar

ウ グルコースは水溶液中で3種類のグルコースの平衡状態となっている
水溶液中のグルコースは、α-グルコースβ-グルコース鎖状構造のグルコースの三種類の平衡状態で存在していましたね。
よって、ウも正しい内容です。

グルコース1分子から、エタノール2分子ができる

lecturer_avatar

エ グルコースを完全にアルコール発酵させると、グルコース1分子からエタノール3分子が生じる
グルコースにチマーゼという酵素をはたらかせると、エタノールというアルコールが得られました。
ここまでは問題ありません。

lecturer_avatar

ポイントは、分子の数です。
アルコール発酵の化学反応式を書いてみましょう。
  C6H12O6→2C2H5OH+2CO2
 この化学反応式において、グルコースの係数は1、エタノールの係数は2になっています。
 つまり、グルコース1分子に対して、エタノール2分子ができることになります。
 よって、問題文の 「エタノール3分子」というところが誤りです。
 エは誤った内容というわけです。

lecturer_avatar

 以上より、答えはです。

高校 化学 6章 2節 11 2 答えあり
高分子化合物(テスト2、第2問)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      高分子化合物

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          天然高分子化合物

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学