高校化学

高校化学
5分でわかる!最適温度

1
Movie size

5分でわかる!最適温度

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

最適温度

高校 化学 6章 2節 34 1 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「最適温度」です。

lecturer_avatar

前回は、酵素がはたらくしくみについて学習しましたね。
次に、酵素が反応するための条件について学習していきましょう。

酵素がはたらくのに最適な温度がある

lecturer_avatar

みなさんは、小学生の頃、すりつぶした米とだ液を混ぜる実験をしたことはありませんか?
実は、この実験では、米に含まれるデンプンをだ液のアミラーゼという酵素で分解していたのです。
この実験において、デンプンをきちんと分解するためには、温度を30~40℃にする必要があります。
どうやら酵素は、温度によって働きに違いがあるようですね。

最適温度は、反応速度が最大になる温度

lecturer_avatar

酵素のはたらき方と温度の関係を調べ、グラフに表しました。
横軸には温度、縦軸には反応速度がとられていますね。
つまり、グラフの上の方にいくほど、活発に反応が起こっているわけです。

高校 化学 6章 2節 34 1 図のみ

lecturer_avatar

このグラフには、山なりの曲線がありますね。
この曲線が、ある酵素を加えた場合の反応速度を表しています。
それでは、グラフを読み取ってみましょう。

高校 化学 6章 2節 34 1 図のみ

lecturer_avatar

グラフの左側の温度が低いところを見てください。
このとき、反応速度は小さい状態ですね。
しかし、右に向かって温度が上昇していくと、反応速度が大きくなっていきます。
37℃付近で、反応速度がもっとも大きくなっていることがわかりますね。
そのあとは、反応速度が下がっていきます。

高校 化学 6章 2節 34 1 図のみ

lecturer_avatar

つまり、この酵素の場合、37℃付近においてもっともよくはたらくことになります。
このように、酵素がもっともよくはたらき、反応速度が最大になる温度を、最適温度といいます。
ちょうど私たちの体温において、活発にはたらくようになっているわけですね。

失活とは、酵素が触媒作用を失うこと

lecturer_avatar

酵素と温度の関係には、もうひとつ注意点があります。
実は、多くの酵素はタンパク質でできています。
ということは、酵素は、熱によって変性しやすいわけですね。

lecturer_avatar

つまり、高温にさらされた酵素は、触媒としてはたらけなくなります。
このように、酵素の触媒作用がなくなることを、酵素の失活といいます。

高校 化学 6章 2節 34 1 答えあり

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

最適温度
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      高分子化合物

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          天然高分子化合物

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学