高校化学

高校化学
5分でわかる!タンパク質の性質①

4
Movie size

5分でわかる!タンパク質の性質①

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

タンパク質の性質①

高校 化学 6章 2節 30 1 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「タンパク質の性質」です。

lecturer_avatar

みなさんは、タンパク質の構造について学習してきました。
今回は、タンパク質の性質を2つ見ていきましょう。

タンパク質の水溶液は親水コロイド

lecturer_avatar

タンパク質を水に溶かすと、コロイド溶液となります。
コロイド溶液とは、デンプンが溶媒の中に均一に分散したようなものでしたね。

lecturer_avatar

このときのコロイドは、親水コロイドです。
親水コロイドといえば、水との親和性が大きなコロイドでしたね。
そのため、親水コロイドを沈殿させるためには、多量の電解質が必要です。
親水コロイドの水溶液に多量の電解質を加えて沈殿させることを、塩析といいましたね。

lecturer_avatar

ちなみに、疎水コロイドの水溶液に少量の電解質を加えて沈殿させることを、凝析といいます。

高校 化学 6章 2節 30 1 説明の上半分のみ、答えあり

タンパク質を加水分解するとアミノ酸になる

高校 化学 6章 2節 30 1箇条書き2

lecturer_avatar

もう一つの性質を見てみましょう。
タンパク質はそもそも、たくさんのアミノ酸脱水縮合してできている化合物でしたよね。
ということは、その逆に、タンパク質を加水分解すると、アミノ酸が得られそうですね。

lecturer_avatar

タンパク質は、希酸と加熱したり、タンパク質の分解酵素を作用させたりすることによって加水分解されます。
その結果、構成成分であるα-アミノ酸などの混合物となるわけですね。

高校 化学 6章 2節 30 1 説明の下半分のみ、答えあり

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

タンパク質の性質①
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      高分子化合物

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          天然高分子化合物

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学