高校化学

高校化学
5分で解ける!デンプンの性質に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!デンプンの性質に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 化学 6章 2節 15 3 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

lecturer_avatar

みなさんは、デンプンの性質として、ヨウ素デンプン反応と加水分解を学習してきました。
今回の問題は、加水分解の流れに関するものです。

デンプン⇒デキストリン⇒マルトース⇒グルコース

高校 化学 6章 2節 15 3 答えなし

lecturer_avatar

図は、デンプンの加水分解の流れを表しています。
左側にあるデンプンからスタートし、3段階で分解されていますね。
順番に確認していきましょう。

高校 化学 6章 2節 15 3 図のみ

lecturer_avatar

デンプンはアミラーゼによって分解され、デキストリンとなります。
このデキストリンがさらに分解されて、物質Bとなっていますね。
このBは、何という物質だったでしょうか?

lecturer_avatar

ヒントになるのは、図です。
図のBは、2つの単糖類が結合した二糖類としてかかれていますね。
二糖類には、マルトースやスクロース、ラクトースなどの種類があります。
そのうち、どれでしょうか?

lecturer_avatar

デンプンといえば、α-グルコースが大量に結合したものです。
ということは、二糖類であるBも、α-グルコースだけからなるはずですね。
この条件に当てはまるのは、マルトースです。

マルトースはマルターゼによって分解される

lecturer_avatar

次に、マルトースが分解されて、単糖類であるグルコースになっています。
このときに作用する消化酵素Aは、何だったでしょうか?

lecturer_avatar

ヒントは、分解されるマルターゼです。
分解される物質とその消化酵素は、名前がよく似ているのでしたね。
マルトースにはたらく消化酵素といえば、マルターゼです。

lecturer_avatar

よって、答えは、次のようになります。

高校 化学 6章 2節 15 3 答えあり
デンプンの性質
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      高分子化合物

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          天然高分子化合物

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学