高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!明治時代の産業発展1に関する問題

7

5分で解ける!明治時代の産業発展1に関する問題

7
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

近代40 練習 空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回学んだ内容について確認していきましょう。

産業革命の全体図

lecturer_avatar

日本における産業革命は、日清戦争前後の時期には軽工業中心、日露戦争前後の時期には重工業中心に発展しました。

産業革命(軽工業)

lecturer_avatar

綿花から綿糸を生産する紡績業は、従来の手紡ぎやガラ紡による生産方法に代わる機械紡績の登場により急激に発展しました。

lecturer_avatar

1882年、渋沢栄一らにより大阪紡績会社が設立されました。

lecturer_avatar

1897年、貨幣法の制定により、欧米諸国にならって金本位制が採用されました。

練習の答え
近代40 練習
lecturer_avatar

産業革命の前半部分を見てきました。
製糸業と紡績業の違い、器械製糸ガラ紡機械紡績など、言葉だけ覚えようとするとややこしく、面白くないと思いがちな部分ですね。資料集などを見ながら、ビジュアルで確認していくのが重要です。

難関大合格パーソナルプログラム
明治時代の産業発展1
7
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

近代

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校日本史B