高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!大正時代2に関する問題

6

5分で解ける!大正時代2に関する問題

6
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

近代50 練習 空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回学んだ内容について確認していきましょう。

第2次大隈重信内閣

lecturer_avatar

20世紀初頭のヨーロッパでは、ドイツ・オーストリア・イタリアが三国同盟を結び、一方でイギリス・フランス・ロシアが三国協商を結んでいました。

lecturer_avatar

1914年から第一次世界大戦が始まり、日本は日英同盟や日露協約の関係上、三国協商側で参戦しました。

lecturer_avatar

1915年、中華民国大総統の袁世凱に対し、加藤高明外相が二十一カ条の要求を行いました。

練習の答え
近代50 練習
lecturer_avatar

第一次世界大戦の頃の日本の動きを見てきました。
世界大戦の中で日本がどう判断したのかというところが、日本史ではポイントになります。どちらの味方につき、どこを攻撃したのか、改めて確認しておきましょう。

難関大合格パーソナルプログラム
大正時代2
6
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

近代

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校日本史B