高校日本史B

高校日本史B
5分でわかる!征韓論

49

5分でわかる!征韓論

49
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の要点まとめ

ポイント

征韓論

近代19 単語1
近代19 ポイント1

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

自由民権運動について見ていきます。
まずは1つめのポイント、征韓論についてです。

留守組と洋行組の対立「征韓論争」

lecturer_avatar

岩倉具視、大久保利通、伊藤博文、木戸孝允ら、岩倉遣外使節団が洋行している間、政府の中心にいたのは、西郷隆盛、板垣退助、後藤象二郎、江藤新平、副島種臣(そえじまたねおみ)ら留守組でした。
留守組は、武力で朝鮮を開国させようとする征韓論を推し進めようとしていましたが、1873年、帰国した洋行組が、これに反発します。これを、征韓論争といいます。

近代19 ポイント1 洋行組・留守組の図のみ

lecturer_avatar

結果留守組は論争に敗北し、1873年に政府を去りました。これを、明治六年の政変といいます。
ここで政争に敗れたメンバーは、この後、大久保らを中心とする政府を、様々な形で攻撃していくことになります。その最たるものが、自由民権運動です。

lecturer_avatar

特に、板垣、後藤、江藤、副島は、その自由民権運動において大きな役割を果たしますので、覚えておきましょう。

この授業の先生

黒川 広貴 先生

「どこがテストに出るの?」「どうやって覚えたらいいの?」「どうしたら点数がとれるの?」という疑問に答え、着実に点数を伸ばすための授業を展開。

難関大合格パーソナルプログラム
征韓論
49
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

近代

難関大合格パーソナルプログラム
難関大合格パーソナルプログラム

高校日本史B