高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!諸法典の編纂と初期議会3(第1問)に関する問題

21

5分で解ける!諸法典の編纂と初期議会3(第1問)に関する問題

21
逆転合格セミナー逆転合格セミナー

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
諸法典の編纂と初期議会の確認テスト【穴埋め問題】

近代33 問題1 カッコ空欄

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

まずは問題1、穴埋め問題を通して理解を深めていきましょう。

問題1(1)

近代33 問題1(1) カッコ空欄

lecturer_avatar

政府はフランスの法学者ボアソナードを招き、各種法典を起草させました。このうち民法は1890年に大部分が一旦公布されましたが、内容を激しく批判した穂積八束らを中心として民法典論争と呼ばれる論争が起こり、後に大幅修正されました。

問題1(1)の答え
近代33 問題1(1) 答え入り

問題1(2)

近代33 問題1(2) カッコ空欄

lecturer_avatar

憲法発布直後、黒田清隆内閣が、政府の政策は政党の意向に左右されないという超然主義の立場を表明していました。しかし第1回衆議院議員総選挙では、立憲自由党や立憲改進党などの民党が大勝し、衆議院の過半数を占めました。

問題1(2)の答え
近代33 問題1(2) 答え入り
逆転合格セミナー
諸法典の編纂と初期議会3(第1問)
21
友達にシェアしよう!
逆転合格セミナー

この授業のポイント・問題を確認しよう

近代

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      逆転合格セミナー逆転合格セミナー

      高校日本史B