高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!明治時代の産業発展3(第1問)に関する問題

13

5分で解ける!明治時代の産業発展3(第1問)に関する問題

13
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
明治時代の産業発展の確認テスト【穴埋め問題】

近代42 問題1 カッコ空欄

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

まずは問題1、穴埋め問題を通して理解を深めていきましょう。

問題1(1)

近代42 問題1(1) カッコ空欄

lecturer_avatar

国産の繭を原料として生糸を生産し輸出する製糸業は、日本にとって外貨を獲得する重要な手段でした。幕末以降、当初は簡単な手動装置による座繰製糸が普及し、次いで器械製糸が広まっていきました。

問題1(1)の答え
近代42 問題1(1) 答え入り

問題1(2)

近代42 問題1(2) カッコ空欄

lecturer_avatar

近代日本の産業革命の中心は綿糸を生産する紡績業でした。1883年には渋沢栄一らが設立した大阪紡績会社が開業し、以後、機械制の大工場での生産が盛んになりました。

問題1(2)の答え
近代42 問題1(2) 答え入り

問題1(3)

近代42 問題1(3) カッコ空欄

lecturer_avatar

政府から鉱山や工場の払い下げを受けた政商は、財閥へと成長しました。特に、四大財閥と呼ばれた三井三菱、住友、安田は多くの傘下企業を抱えていました。

問題1(3)の答え
近代42 問題1(3) 答え入り
オンライン個別指導塾
明治時代の産業発展3(第1問)
13
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

近代

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校日本史B