高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!自由民権運動1に関する問題

12

5分で解ける!自由民権運動1に関する問題

12
学年別フルラインナップキャンペーン学年別フルラインナップキャンペーン

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

近代19 練習 空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回学んできた内容について確認していきましょう。

征韓論

lecturer_avatar

留守政府の中心にいた薩摩の西郷隆盛、土佐の板垣退助や後藤象二郎などが征韓論を唱えましたが、洋行組の反対によって挫折しました。
洋行組は、内政を重視すべきだと訴えたのですね。

自由民権運動

lecturer_avatar

板垣退助らは、1874年に愛国公党を新設すると共に民撰議院設立建白書を左院に提出しました。
「撰」の字に注意しましょう。

lecturer_avatar

政府は大阪会議を受け立憲政体樹立の詔を出す一方、讒謗律・新聞紙条例などを制定し民権運動家を取り締まりました。

士族の解体

lecturer_avatar

1876年には廃刀令と秩禄処分が断行され、武士の特権が失われました。

練習の答え
近代19 練習
学年別フルラインナップキャンペーン
自由民権運動1
12
友達にシェアしよう!
学年別フルラインナップキャンペーン

この授業のポイント・問題を確認しよう

近代

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      学年別フルラインナップキャンペーン学年別フルラインナップキャンペーン

      高校日本史B