高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!政党の結成1に関する問題

11

5分で解ける!政党の結成1に関する問題

11
学年別フルラインナップキャンペーン学年別フルラインナップキャンペーン

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

近代22 練習 空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回学んできた内容について確認していきましょう。

政党の結成

lecturer_avatar

政党として、板垣退助が自由党を、大隈重信が立憲改進党を結成しました。

lecturer_avatar

政府は、福地源一郎を党首として保守的な政党である立憲帝政党を結成させました。

lecturer_avatar

植木枝盛などの手によって、民間の憲法私案である私擬憲法が盛んに作られました。

憲法制定の準備

lecturer_avatar

伊藤博文は渡欧して、グナイストやシュタインのもとでドイツ式の憲法を学びました。ドイツ式の憲法は国家主義的である点がポイントです。

lecturer_avatar

1884年、貴族院創設に備え、華族令が出されました。

練習の答え
近代22 練習
lecturer_avatar

政党の結成や憲法制定の準備段階を見てきました。このあとの、内閣制度や憲法制定、国会開設につながっていく部分になります。

学年別フルラインナップキャンペーン
政党の結成1
11
友達にシェアしよう!
学年別フルラインナップキャンペーン

この授業のポイント・問題を確認しよう

近代

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      学年別フルラインナップキャンペーン学年別フルラインナップキャンペーン

      高校日本史B