高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!昭和戦前5 恐慌の時代と満州事変5に関する問題

3

5分で解ける!昭和戦前5 恐慌の時代と満州事変5に関する問題

3
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

近代65 練習 空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回学んだ内容について確認していきましょう。

犬養毅内閣

lecturer_avatar

高橋是清蔵相のもとで、金輸出再禁止が断行され、日本は管理通貨制度に移行しました。

財界の動き

lecturer_avatar

満州事変以降、日産や日窒などの新興財閥が急成長しました。

斎藤実内閣

lecturer_avatar

1932年、斎藤内閣が日満議定書を取り交わし、満州国を承認しました。

lecturer_avatar

1932年、リットン報告書が公表され、国際連盟は満州国が日本の傀儡国家であると認定しました。

練習の答え
近代65 練習
lecturer_avatar

満州事変に関わる部分を中心に見てきました。
少しややこしいところですが、外交・内政・経済、それぞれ関連し合っています。
例えば、日本は国際連盟から脱退する一方で、低為替政策で輸出を伸ばして国際社会から反感を買い、経済的にも孤立していくわけです。

lecturer_avatar

今回学習した範囲も、そうした大きな流れの中で理解してみるといいでしょう。

オンラインLIVE夏期講習
昭和戦前5 恐慌の時代と満州事変5
3
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

近代

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校日本史B