高校化学

高校化学
5分で解ける!アルコールの分類に関する問題

14

5分で解ける!アルコールの分類に関する問題

14
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 化学 5章 3節 29 練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

lecturer_avatar

これは、アルコールの分類に関する問題です。
アルコールの分類方法には、大きく2種類がありましたね。

lecturer_avatar

価数とは、ヒドロキシ基の数によって分類する考え方でした。
級数とは、ヒドロキシ基が結合している炭素原子に、他の炭化水素基がいくつ結合しているかで分類する考え方でした。

lecturer_avatar

この問題では、級数について聞かれていますね。

アルコールの級数は、ヒドロキシ基が結合している炭素原子に、他の炭化水素基がいくつ結合しているかで分類

高校 化学 5章 3節 29 練習 答えなし

lecturer_avatar

それでは、(1)と(2)のそれぞれについて、考えていきましょう。

lecturer_avatar

(1)
まずは、ヒドロキシ基がくっついている炭素原子に注目しましょう。
今回の場合は、右端の炭素原子ですね。
この炭素原子には、Hが2つ、Cが1つ結合しています。

lecturer_avatar

さて、級数とはヒドロキシ基が結合している炭素に結合した炭化水素基の個数でしたね。
したがって、このアルコールは第一級アルコールだとわかります。
よって、答えは、Aです。

lecturer_avatar

(2)
こちらも、ヒドロキシ基がくっついいる炭素原子に注目しましょう。
右の方にある、炭素原子ですね。
この炭素には、上と左の二方向に炭化水素基が結合しています。
ということは、第二級アルコールだと言えますね。
よって、答えは、Bです。

高校 化学 5章 3節 29 練習 答えあり
オンラインLIVE夏期講習
アルコールの分類
14
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

有機化合物

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      酸素を含む有機化合物

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校化学